制御盤・配電盤などの各種盤や筐体を中心とした板金加工品の粉体塗装のことは、久野製作所へお任せください。
工業用 板金粉体塗装 .comの高付加価値サービス
Original Service

「工業用 板金粉体塗装 .com」の技術サービス

板金加工と粉体塗装の確かな経験と実績

 「工業用 板金粉体塗装 .com」を運用する株式会社久野製作所は、昭和23年の創業時から精密板金加工から粉体塗装までの一貫加工を行ってまいりました。愛知県瀬戸市の工場で製造した工業用の板金製品は、久野製作所のお客様を通じて、日本国内だけでなく世界中で使用されています。様々な種類の板金粉体塗装品を製造する中で、最も得意とする製品は盤や筐体、キャビネットといったBOX形状の製品です。久野製作所のお取引先は日本国内を代表する大手企業様が中心です。製造する板金粉体塗装製品の品質や納期対応等をご評価いただき、大手企業様との長きに渡るお取引の中で、久野製作所の板金加工や粉体塗装の技術を磨いてきました。
 お取引を通じ多くの経験と実績を積む中で、盤や筐体、キャビネットを一貫して製造をする設備や生産体制を構築して今日に至ります。具体的には、板金鋼板の材料の取り揃えからはじまえり、パネル(盤や筐体)を製造するに最適案パネルベンダー機械を有する専用の板金加工ライン、板金加工品を溶組する溶接ロボット。この溶接ロボットによって溶接の自動化と溶接品質の安定を実現。その後に、板金加工後の製品に塗装を行う粉体塗装ライン。最後に、完成した製品に不良が無いかを確認する検査ラインです。これらの設備と体制により、板金加工と粉体塗装によって、日本のものづくりにこれからも貢献してまいります。

「 工業用 板金粉体塗装 .com 」の粉体塗装の特徴

 日本国内の盤や筐体、キャビネットは、昔から肌色・クリーム色を採用されることが一般的です。この色は、業界標準ともいえるマンセル5Y7/1とマンセル2.5Y9/1であることが多く、「 工業用 板金粉体塗装 .com 」はこの2色の粉体塗装を最も得意としています。通常(新品)粉体塗料だけでなく、コストダウンを実現する回収粉体を利用したマンセル色によって、従来と比較して低コストの粉体塗装にも対応できます。
 制御盤や配電盤、通信盤などの各種盤の塗装に関して、コストダウンの検討や安定生産をお考えの企業担当者様は、「 工業用 板金粉体塗装 .com 」へまずはご相談ください。

  • 各種盤・筐体の加工から塗装までの一貫生産
    各種盤・筐体の加工から塗装までの一貫生産
  • 再利用粉体による塗装コスト削減提案
    再利用粉体による塗装コスト削減提案
  • パネルベンダーによる高性能自動曲げ
    パネルベンダーによる高性能自動曲げ
Copyright © 株式会社久野製作所 All Rights Reserved.