Answer (回答)

 材料手配に関しては、SPCCやSHCC、SUS304やA5052など、工業用の盤や、食品工場などの耐食仕様盤、軽量化を目的としたアルミ製などの材料調達に対応しています。
 久野製作所が日常的に取り扱っている材料はSPCC材が多く、このSPCC材は屋内環境で使用される盤(工場の生産現場に設置されている自立盤や工作機械の制御盤など)に最も多く採用されています。工場内でよく見かけるマンセル色の盤は、このSPCC材に粉体塗装がされたものが一般的です。(日本国内の各種盤では、5Y/1のライトベージュ塗装が多い)
 盤を製作検討する中で、取扱い材料に関する不明点や、どの材料手配が最適かの相談等についても対応しています。盤の材料選定は、その盤の使用用途に大きく影響を及ぼしますので、少しでもお悩みの技術者様は、品質面・コスト面・納期面で久野製作所様から最適な材料を提案いたしますので、メール・電話にてお問合せ下さい。
 ” 工業用 板金粉体塗装 .com ” に見積依頼から製作をご依頼いただくケースでも、SPCC材にマンセル:5Y7/1の粉体塗装が定番となっています。